2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト

tamakazu


無料ブログはココログ

« 政治考 「北方領土」に思う '110212 | トップページ | いつか行ってみたい場所 日本国麓郵便局 '110222 »

2011年2月20日 (日)

交通考 祝!JR可部線復活延伸 '110220

広島県を走るJRの可部線がほんの少しだけ、延伸するらしい。
いや、延伸と言うより廃止された路線が一部復活するということで、これはJRが廃止した路線の初めての復活にあるという。復活区間はわずか2キロ足らずらしいが、これはなんだか嬉しい話ではないか。

ボクは中国地方の鉄道に余り乗ったことがなく疎い(※1)のだが、関心が薄かったわけではない。特に広島県の山間部を潜り込むように島根県境付近まで辿っていた可部線には、子供の頃から、時刻表や地図を見る度にいつか乗りたいと思っていた。しかし、その思いが実現しないまま、2003年に山間部分の40キロ余りの路線が廃止されてしまった。

鉄道の廃止と言うのは、結構複雑なものだ。
自動車を乗り回す者にとっては、鉄道に乗ることは煩わしいことだろう。込んでいれば座れないし、夜中は走っていない。自動車は音楽も聴けるし、恋人と乗れば親密な会話も可能だ(狭いがHもやれないことはない)。急な外出にも、時間に合わせて駅に行く必要もなく、好きな時間に勝手に出かけられる。
車を持つ家庭が増えれば、鉄道には乗らなくなり、利用客が減れば列車本数が減り、余計利用しづらくなる。利用しづらい鉄道を維持して何になる、という議論が高まり、そして廃止になる。
多くの予算を費やしてせっかく引かれた線路は、こうしてなくなって行く訳だ。

でもどうだろう。ヒトはいつまでも自動車に乗れるだろうか?老人になり目も悪く判断力も衰えれば、ヒトは誰でも車を運転できなくなる時が来る。また酒を飲んだらり体調の悪い時も車の運転は危険だ。
都会ではすでに車の保有率は下がっているそうだ。週末にしか乗らない車を購入して、駐車料金も自動車税も保険料も払って、しかも燃料には消費税以外にガソリン税(揮発原油税など)が科せられるという二重化税がかかっている。
そして車が増えたことで道路は慢性的に渋滞するし、事故も起こる。道が狭ければ立ち退きや道路を拡げることに税金が投入される。そして信号や舗装などの維持のため、道路も維持経費が永遠に必用になる。お金がかかると言うことでは道路も鉄道と同じだ。

では、社会インフラとして、自動車(道路)と鉄道はどっちが有用なのだろうか?

鉄道はどの町にもどの集落にも敷き渡らせることはできないが、道路はほぼできる。ただ道路を走る自動車は誰かが持たねばならないし、運転免許も必要だ。
逆に鉄道は線路を引いて駅または停留所を設け、定期的に列車を走らせることで、車の所有や免許はいらない。また、自動車を運転できないヒトや場合でも、鉄道ならば移動が可能になる。しかも安価で(※2)
鉄道については、便利と共に重要なのは維持コストをどう考えるかだろう。利用者が支払う運賃と、鉄道設備を維持し運行させるコストになるが、鉄道を社会インフラと考えれば、公共的なコスト管理が可能ではないかと思うのだ。

そして、エコロジーとして考えるとどうだろうか?

鉄道は特に電車が電力を利用して走るので、走る毎にガソリンなどの化石燃料を燃焼させないから、大気を汚さない(その電力を作った発電所が石油や石炭を燃やしていたりウランを核融合させていたら、その時に有機化合物を排出したり放射能を出していると思うが)。また、ディーゼルカー(気動車)などは化石燃料を使用するので、環境に良いとは言い切れないが、最近では自動車同様環境型のエンジンの導入が進んでいる。
自動車は近年のハイブリット化が進み、環境負荷の軽減化が相当進化したようで、今後電気自動車の普及が進めば、さらにエコになるだろう。
では鉄道と車はどちらがエコなのか?やはりこれは鉄道になるのではないかともうのです。なぜなら、鉄道は大量輸送が可能な交通機関であるから。一人あたりを移動させるコストや環境負荷は、やはり鉄道の方が低く抑えられるからだ。

例えば、都会に鉄道がなく、全ての人の通勤や通学が車で行われれば、道路をどんなに広く作っても渋滞は常に起こることになる。人口が均等に分布し、勤務も就学時間も分散できれば、都会でも渋滞は起こらないだろうが、これはたぶん無理なこと。
では地方ではどうだろう?地方は都会よりは道路渋滞が起こりにくく、通勤通学だけでなく買い物にも都会よりも移動距離が長くなる傾向にある。列車の本数も都会ほど多くないことから鉄道よりも車が優先されることになるだろうが、せっかく作った鉄道は廃止しないで維持すべきではないか?新たに鉄道を引くには、道路以上の設備投資が必要になるのだから。
また「鉄道はもう古い」と決め付けて鉄道を廃止する風潮もおかしなことと思う。

可部線が少しだけ復活して伸びるというニュースに接して、思わずこんな長文を書いてしまった。鉄ちゃんなんだろうな、ボクは。

※1 ボクの中国地方の乗車経験
宇部線・小野田線・境線・宇野線全線、山陽本線(下関-櫛ヶ浜、岩国-河内)、山口線(新山口-津和野)、山陰本線(出雲市-鳥取)、因美線(鳥取-智頭)、山陽新幹線全線(以上、JR線)、岡山電軌・広島電鉄・一畑電鉄全線、智頭急行線全線

※2.例えば、新宿から吉祥寺まで、タクシーと電車でいくらくらいかかるのか?
JRなら中央線快速で14分、210円。京王なら明大前乗換で19分、190円。でもタクシーなら30分は乗って2500円くらいはかかるのではないか。

« 政治考 「北方領土」に思う '110212 | トップページ | いつか行ってみたい場所 日本国麓郵便局 '110222 »

ニュース」カテゴリの記事

交通」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

> いつか乗りたいと思っていた

ネットならバーチャル乗車出来ますよ。

廃線前の可部線の運転席からの映像(広島ホームテレビ)
http://www.home-tv.co.jp/train/kabesen/index.html
※無料、登録不要

沿線風景からすると、廃線数ヶ月前のものでしょう。

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 交通考 祝!JR可部線復活延伸 '110220:

« 政治考 「北方領土」に思う '110212 | トップページ | いつか行ってみたい場所 日本国麓郵便局 '110222 »